~本日のラバーダム~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

before

前歯の先、エナメル質がすり減って、中の象牙質が露出しています。

薄くなったエナメル質は、先の方から少しずつ欠けてきています。

before

中の象牙質は、汚染されて軟らかく茶色くなっています。

removal the softened dentin

汚染されて茶色くなった象牙質をきれいに取り除きます。

そして取り除いた後は、樹脂を使って修復し ていきます。

after

汚染されて茶色く見えていた部分がなくなり、明るい本来の歯の色になり、薄くなっていたエナメル質も補強されました。

さて、このブルーのシートは、ラバーダムといいます。

after

ラバーダムを使うことで、口の中の唾液や細菌に再び汚染されることなく治療ができます。

治療するときに水や薬が口の中に流れないので、比較的楽に治療を受けていただけます。

これらの写真を見ていただくとお分かりのように、治療する歯だけが見えるので、歯科医側もその歯に集中して治療がしやすくなります。

このラバーダム、実は150年以上前にアメリカの歯科医によって発明されたものです。

ずっと以前からあるもので、歯科大学でも必ず実習します。

しかし、1枚数十円のコストとラバーダムを装着する時間のためにほとんど使われることはありません。

私どものクリニックでラバーダムをする場合に、以前にもラバーダムをされた経験があるかどうかを質問しているのですが、お一人を除いて経験があった患者さんは皆無です。

そのお一人は、子どもの頃に大学病院の小児歯科で経験されたそうです。

私どものクリニックでは、このような治療をする場合は、患者さんに1時間のアポイントをお願いしています。

それは、ラバーダムを含めて、丁寧に治療するために必要な時間なのです。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

 

コメントは受け付けていません。