Floss or Die

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

フロスか死か

1998年、アメリカの歯周病学会は、歯周病が全身の疾患(心内膜炎、心筋梗塞、糖尿病、動脈硬化、早産など)の原因になりえると発表し、マスコミがFloss or Dieとコピーを作ってキャンペーンを行いました。

それ以来日本でも、歯周病は命に係わる全身疾患と関係があるとし、歯周病の治療と予防が推進されています。

TVの健康番組でも、“歯周病を持った方が突然倒れる”というショッキングな再現VTRなどで紹介されたりしています。これらの番組は、むやみに不安をあおっているように思うので違和感を覚えます。しかし歯周病も重症化すると確かにそれらの危険性はあるので、かかりつけの歯医者さんで定期的にチェックしてもらい管理しておくことは大切なことです。

さて今回お話したいのは、このタイトル「Floss or Die」です。

このタイトルが、日本語に翻訳されて紹介されたそのタイトルは、「ブラッシングか死か」でした。「フロス」と訳しても日本では通じないと判断されたのでしょう。1998年当時、ここまで日本ではフロスが認識されていないのか?と残念に思いました。

その後、日本の歯科学会で「ブラッシングか死か」をいう同名のタイトルで学会が持たれました。専門家である歯科医が集まる会でも「フロス」が使われず、ここでも「ブラッシング」とされていました。こうなると“欧米との文化の違い”というレベルではないように思います。

歯ブラシは歯間部(歯と歯の間)にとどかないので、歯周病を予防するには歯周病がはじまるこの部分を他の何かを使って掃除しなくてはなりません。他の何かで推奨されるのが、フロスです。歯間ブラシも場合によってはとても有効な道具ですが、注意が必要です。(前回のブログ参照

しかし日本の歯科医院では、フロスを指導、推奨されることはまだまだ少ないようです。日本の歯科医療が、予防よりも壊れたところの修繕に重点をおいている現われでしょう。確かにフロスが使えるようになるには、最初に歯科医や歯科衛生士の指導が必要だと思います。フロスだけを買ってきてもなかなか使えないでしょう。特に日本では、家庭でフロスを使う習慣がないので、子どものころにフロスを目にする機会もほとんどありません。このこともフロスの壁になっていると思われます。

しかしフロスは虫歯予防と歯周病予防に有効です。子どもの頃からでなくても、目の前の患者さんに歯がある限り、地道にフロスの良さを伝えていきま~す。

コメントは受け付けていません。