「リステリン」CMは誤解招く、米連邦地裁が中止命令

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

 

マウスウォッシュ(洗口液)として有名な「リステリン」にはデンタルフロスほどの効果はないとして、ニューヨーク・マンハッタンの連邦地裁は7日、リステリンを販売する米製薬大手ファイザー社に「誤解を招くテレビCM」の中止を求める決定を下した。

同社は「リステリンには歯垢(除去)、歯肉炎に対してフロスと同じ効果がある」として、「もうフロスは捨てよう」のうたい文句で宣伝を展開してきた。同社を相手取って、フロスを販売しているジョンソン・エンド・ジョンソン社の子会社が訴えていた。

裁判長は、「リステリンの効果は歯茎から歯垢を直接取り除くフロスに及ばない」と述べ、CM中止をファイザー社に命じた。

2005/1/8読売新聞

2005年初頭のニュース アメリカの話ですが、裁判所は、リステリンの誇大広告に対してNO!と言いました。

リステリンではありませんが、洗口剤(マウスウォッシュ)の効果については、前回のブログで実験レポートを紹介した通りです。フロスどころか、まったくプラークを除去する効果はありません。これで歯周病が予防できるなどとよく言えたものです。
http://www.funabiki-8020.com/blog/archives/426?fb_action_ids=728470067236338&fb_action_types=og.likes

しかしこのニュース、ハッと気づかされることがあります。

「もうフロスは捨てよう!」のキャッチコピー
アメリカは、これがキャッチコピーになる社会なのです。アメリカでもフロスはみんな面倒だと思っているのと同時に、しっかり日常に根付いているのです。日本では、残念ながら考えられません。

間違っていることは、「間違っている」とはっきり言う社会
「フロスを捨てよう!」とは、強烈なキャッチコピーですが、それに対して間違っていることは「間違っている」と正す姿勢がみられます。

マウスウォッシュでプラークを除去できないことは、私を含めて日本のほとんどの歯科医は知っているはずです。実に簡単な実験で実証できます。

しかし、マウスウォッシュでうがいすればスッキリ洗い流され、「これは、むし歯や歯周病予防に効きそう!」と誤解を招くようなCMは、日本では、なくなりません。

歯科医師会も黙っています。歯科医師会の雑誌には、デンタルケア商品の広告がたくさん出ており、メーカーがよいスポンサーになっています。お互い持ちつ持たれつの関係なのです。
なかなか本当のことが言えない、広まらない構図がここにもあります。

「デンタルリンスって、使った方がいいのですか?」とほんとに多くの方が尋ねられます。「電動歯ブラシ」についてもよく尋ねられます。

それよりもフロスを毎日正しく使うことの方が、どれだけ効果的でしょうか?日本人の歯を守るために、日本にもっとフロスを普及させるべきです!

 

Wikipediaによると、驚くことに

  • 2007年9月 - ジョンソン・エンド・ジョンソンがファイザーの「リステリン」事業を譲り受ける。

とあります。

 

コメントは受け付けていません。