むし歯は、痛くないの?

むし歯は、痛くありません。

多くの人は、むし歯は痛いものと思われているようです。むし歯は、歯が溶ける病気ですが、実は歯が溶けたからといって痛くはないのです。

「いやいや、むし歯で痛くなったことがあるよ」と反論がありそうですが、歯が溶けること自体は痛みがないのです。

むし歯で痛みが起こる場合は、歯が溶けるだけではなくて、歯髄(歯の中にある、俗に神経といわれている部分)が炎症を起こしていると考えられます。エナメル質と象牙質の分厚い壁が何年もかけて歯髄近くまで溶かされ、歯髄の中に細菌が侵入すると身体の防御反応として炎症を起こします。簡単にいうと“腫れてくる”のです。硬い歯で覆われた歯髄が腫れると、腫れようとするその圧力は歯髄自身にかかってきます。歯髄の内圧がどんどん高まると、猛烈な痛みが起こって、もうどこが痛いのかさえ判らないようになる場合があります。そうなってしまうと、大切な大切な歯髄が細菌に侵されて、結果的に歯髄を失ってしまうことになります。そうなると、将来その歯自体が失われるリスクが格段に高くなってしまいます。

例えば、この虫歯。治療中の写真ですが、奥歯の真ん中少し左に黒い小さな穴が開いているのがわかります。

患者さんは、奥歯が黒くなっていることが気になっていたようですが、まったく痛みはありませんでした。

 

 

 

溶けているところをそーっと、丁寧に取っていくと、こんなに大きな穴になりました。歯が溶かされているところが染まるお薬で染めてみると…、むし歯がまだ残っています。

 

 

 

 

さらに少しずつ丁寧にむし歯を取っていくと、最終的にこんなに大きな穴になりました。これだけ溶けていたのです。最初の写真の小さな穴とはまったく違います。

もう少しで歯髄に到達します。ほとんど歯髄が透けて見えるくらいです。

でもまったく痛くもかゆくもなかったのです。冷たいものがしみることもなかったようです。

これは、ほんの一例です。

ここで私が言いたいことは、「痛くないから大丈夫!」ということない!ということです。しっかり検査してみなければわからないことがたくさんあります。

むし歯は日に日に大きくなることはあっても、自然に治ってしまうことはないのです。大切な歯を生涯大切に残したいと思われるならば、長い人生の中で一度は、是非デンタルドック(お口全体の精密検査)を受けてみましょう。そしてむし歯があるか?ないか?だけではなくて、なんで歯が溶けたのか?その原因をしっかり見つけましょう。

むし歯ができたら、その都度削って詰めるというような後追いの治療ではなくて、その原因をお口の中から一掃して、むし歯と歯周病を徹底的に予防しましょう。悪くなるのを待つ必要はないのです。

そうすれば、きっとあなたのお口の将来は良い方に変わります。

凶悪少年犯罪、親の料理を食べる習慣の少なさと因果関係か

凶悪少年犯罪、親の料理を食べる習慣の少なさと因果関係か 偏食や一人夕食も 警察調査

MSNにこのような記事が載っていました。

食事の大切さに改めて気づかされます。

食事は、栄養面だけでなく、家族で顔を合わせて話する機会ができます。家族それぞれの食欲や表情から、健康状態や機嫌の良し悪しもわかります。

「残さないように食べよう」「ちゃんと“いただきます”いいなさい」など躾(しつけ)の場面でもあります。最近は「食育」が盛んに言われていますが、大切だと思います。

おとなでも、コミュニケ―ションを取るのは“食事をしながら”ということが多いです。仕事上の接待、男女のデート、打ち上げ、その他のあらゆる会が食事をしながらです。お互いを理解し合うために食事は絶好の機会なのです。

「朝食を一人で食べる」「家以外で朝食を食べる」「夕食を一人で食べる」「家族で鍋を囲むことがない」というのが、非行少年、特に粗暴犯の大きな特徴である。また、間食では非行少年のほうがジュース類を一般少年らより多く飲んでいる。

と記事には書かれています。

小学生も高学年になって、自分でお湯が沸かせるようになるとインスタントラーメンが作れるようになります。電子レンジでチンもできます。そうなるとそのような保存食だけあれば、一人でも食事ができるようになります。家庭の事情で親の帰りが遅い場合、どうしてもそのような食事になってくることも理解できます。

しかし栄養を摂取するだけでなく、子どもには親と一緒に過ごす時間が必要なのです。

歯を失ったら、歯を入れるべきか?

歯を失ってしまったら、新しい歯(人工の歯)を入れるべきでしょうか?

答えがYES/NOの二者択一であれば、YESです。

患者さんも歯科医も歯が失われれば、すぐにそこに歯を入れることを考えがちです。

そして次には、どんな歯を入れようか?ということに思考が移ります。インプラント?ブリッジ?取り外し式の部分義歯?という風に。

違和感は?噛みやすさは?長持ちするのは?見た目は?

しかし実際はそんなに簡単ではありません。

どの方法を選んでも、必ずリスク(危険性)はあります。失われた歯を補うためには、多くの犠牲を払わなければなりません。

その犠牲を払う前に、よく考えるべきことがいくつかあります。

■そもそも、なぜその歯は失われたのでしょうか?むし歯でしょうか?歯周病でしょうか?

■もしもそうであれば、なぜむし歯や歯周病に罹ったのでしょうか?その原因は見つかりましたか?

■むし歯や歯周病の原因はなくなりましたか?

■むし歯や歯周病は治りましたか?

■それでは、これから再びむし歯や歯周病に罹る心配はありませんか?

失われた歯を補うのは、これらの問題が解決されてから行なわれるべきです。そうでなければ、せっかく犠牲を払って新しい歯ができても、これからもずっとむし歯や歯周病の治療が必要になるでしょう。そのようなことは誰も望んでおられないはずです。

しかし実際には、これらのことには目を向けず(向けられず)、次々と人工の歯が入っていくことがなんと多いことでしょう。

私どものクリニックでは、まず最初に「なぜ今回のような問題が起こったと思いますか?」と問いかけ、「歯を守るには予防が大切なのですよ」と予防の大切さのお話をして、患者さんと一緒にその問題の解決に取り組むきっかけを探します。最初のとても大切なこの場面に30分ほどの時間を使いますが、ほとんどすべての患者さんは、「そんなこといままで聞かれたことありません」「そんな話いままで聞いたことありません」と答えられます。いままで数多くの歯科治療を経験されておられる方でもです。

歯科治療って、いったい何なんでしょうか?

むし歯や歯周病は、病気なのです。歯が溶かされる病気であるむし歯が治るというのは、これから再び歯が溶けないようになることです。削って詰めることだけではありません。

歯の治療では、どのような治療であっても、治療すると元に戻せないことが多くあります。むし歯や歯周病の原因がいっぱい残っている口の中で、大切な歯を削ることや顎の骨に異物を埋め込むことがどれだけ危険なことかを是非お考えください。

歯を入れるべきか?二者択一で簡単に決定できるものではないことがお解かりいただけたでしょうか?

治療を進める前に一度立ち止まって、歯や歯ぐき、歯を支えている顎の骨、顎の関節や筋肉、咬み合わせ、そして毎日のお手入れの習慣や口から入ってくる食べ物や飲み物も含め、お口全体を一度徹底的に検査してもらいましょう。歯を失う前であっても、失われた後であっても、まずは口の中でいったい何が起こっているのか?本当はどうなっているのか?を正しく知る経験がとても大切です。

歯を入れる前に、病気の原因をなくして、むし歯や歯周病を根絶させましょう。

その上に綿密に設計された人工の歯を作って、お口の本当の健康を取り戻しましょう!

歯を取り戻した後は、せっかく犠牲を払って取り戻した歯です、再び問題を起こすことがないよう歯科医や歯科衛生士としっかりタッグを組んで、できるだけ長く、できれば一生、しっかり噛めて美しい歯、口を維持しましょう!

将来の予防を踏まえて綿密に計画された治療には、時間がかかるかもしれません。しかし、その治療を受けられたその勇気と努力には、必ず良い結果がついてくると信じています。

 

 

 

 

ラバーダム 150周年!+1年

左の写真の真ん中にある白っぽいもの…? 歯です。実はこれ、治療中の写真です。この歯の隣には別の歯が並んでいます。この青いシート、治療する歯を口の中から隔離するためのシート、“ラバーダム”といいます。

こうすることでいろんな良いことがあります。

・治療中に口の中の細菌が再び歯の中に入るのを防ぎます
・治療中に口の中が乾燥することを防ぎます
・治療に使う水や消毒薬などが口の中に入るのを防ぎます
・治療に使う小さな器具が口の中に落ちてしまうのを防ぎます
・治療する歯が見やすくなります
・バキューム(吸引器)をノド元に入れずに済みます
・患者さんは治療が楽になり、歯科医もその歯に集中して治療しやすくなります

実はこのラバーダム、決して新しいものではないのです。その歴史は古く、1864年にニューヨークの歯科医Barnumにより考案されました。この画期的な発明を無報酬で歯科医療のために提供したと言われています。今からなんと150年前、日本は江戸末期です。

ラバーダムは、基本的な術式としてすべての歯科医が大学で必ず教わります。あらゆる治療を成功させるには、基本に忠実であることがとても大切だと考えていまていす。

歯科医の仕事はその多くが細菌との戦いですので、このように隔離することは、治療中に細菌を歯の中に感染させないようにするために極めて有効です。しかし日本ではほとんど使われていません。歯の根の治療(神経の治療)をするときにラバーダムを使う頻度は、アメリカの90%以上に比べて、日本はわずか5%という報告もあります。

船曳歯科クリニックでは、根の治療の際は、必ず使用しています。

歯の寿命が延びますように…

生涯、再治療せずに済みますように…

治療が少しでも楽になりますように…

なぜ歯を磨くの?

誰しも歯は毎日磨いていることでしょう。しかも一生懸命。

なぜ磨くのか?

食べカスをとるため?

歯科医や歯科衛生士が教えているプラークコントロールの目的は、そうではありません。

歯の表面にベッタリついた細菌(プラーク)をとるためです。

むし歯と歯周病の原因は、歯についた細菌(プラーク)です。

だから歯の病気を予防するには、食べカスではなくて、細菌(プラーク)に着目しなければなりません。

 

 

 

そこで、歯を毎日正しくお手入れするには、次のことが大切になります。
  • ●細菌は目に見えません。ですから写真のようにプラークが染まる薬で染め出さないと見えません。
  • ●染め出す方法、染め出した部分を自分でチェックする方法を一度はしっかり教えてもらわなければできません。染め出すお薬、歯の裏側を見るための小さな鏡も必要です。
  • ●染まった細菌をとるテクニックを長い一生の中で一度はしっかり教わる経験が必要です。少々時間がかかっても徹底的に教わることが大切です。その機会は、早ければ早いほど良いです。
  • ●デンタルフロスを正しく使うことが基本です。
  • ●そのテクニックを使えば、完璧にプラークコントロールできる歯にしておきましょう。虫歯の穴があってはいけません。詰め物にすき間があってはいけません。歯石がついたままではいけません。歯ブラシやフロスが届かないところに親知らずがあってはいけません。
  • ●その後もプラークコントロールが正しくできているか?定期的に専門家(歯科医と歯科衛生士)にチェックしてもらいます。

そのような歯のお手入れの基本を知らずに、一生、一生懸命ゴシゴシ磨いている方がなんと多いことでしょう。

かけがえのない歯を大切に守ろう!と本当に思われるならば、是非正しいプラークコントロールの仕方を習得してください。

そのために、歯科医や歯科衛生士から徹底的にその方法を教わってください。

あなたの歯を守るために、真剣に協力してくれる歯科医や歯科衛生士に出会ってください。

そうすれば必ずあなたのお口の将来は変わります。

1月休診のご案内

1月17日(土)は、臨時休診となります。
ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

年末年始休診のお知らせ

いよいよ師走に入りました。年末年始の休診日をお知らせいたします。

12月28日(日)~1月4日(日)休診いたします。
年末は12月27日(土)まで 年始は1月5日(月)より診療いたします。

「リステリン」CMは誤解招く、米連邦地裁が中止命令

 

マウスウォッシュ(洗口液)として有名な「リステリン」にはデンタルフロスほどの効果はないとして、ニューヨーク・マンハッタンの連邦地裁は7日、リステリンを販売する米製薬大手ファイザー社に「誤解を招くテレビCM」の中止を求める決定を下した。

同社は「リステリンには歯垢(除去)、歯肉炎に対してフロスと同じ効果がある」として、「もうフロスは捨てよう」のうたい文句で宣伝を展開してきた。同社を相手取って、フロスを販売しているジョンソン・エンド・ジョンソン社の子会社が訴えていた。

裁判長は、「リステリンの効果は歯茎から歯垢を直接取り除くフロスに及ばない」と述べ、CM中止をファイザー社に命じた。

2005/1/8読売新聞

2005年初頭のニュース アメリカの話ですが、裁判所は、リステリンの誇大広告に対してNO!と言いました。

リステリンではありませんが、洗口剤(マウスウォッシュ)の効果については、前回のブログで実験レポートを紹介した通りです。フロスどころか、まったくプラークを除去する効果はありません。これで歯周病が予防できるなどとよく言えたものです。
http://www.funabiki-8020.com/blog/archives/426?fb_action_ids=728470067236338&fb_action_types=og.likes

しかしこのニュース、ハッと気づかされることがあります。

「もうフロスは捨てよう!」のキャッチコピー
アメリカは、これがキャッチコピーになる社会なのです。アメリカでもフロスはみんな面倒だと思っているのと同時に、しっかり日常に根付いているのです。日本では、残念ながら考えられません。

間違っていることは、「間違っている」とはっきり言う社会
「フロスを捨てよう!」とは、強烈なキャッチコピーですが、それに対して間違っていることは「間違っている」と正す姿勢がみられます。

マウスウォッシュでプラークを除去できないことは、私を含めて日本のほとんどの歯科医は知っているはずです。実に簡単な実験で実証できます。

しかし、マウスウォッシュでうがいすればスッキリ洗い流され、「これは、むし歯や歯周病予防に効きそう!」と誤解を招くようなCMは、日本では、なくなりません。

歯科医師会も黙っています。歯科医師会の雑誌には、デンタルケア商品の広告がたくさん出ており、メーカーがよいスポンサーになっています。お互い持ちつ持たれつの関係なのです。
なかなか本当のことが言えない、広まらない構図がここにもあります。

「デンタルリンスって、使った方がいいのですか?」とほんとに多くの方が尋ねられます。「電動歯ブラシ」についてもよく尋ねられます。

それよりもフロスを毎日正しく使うことの方が、どれだけ効果的でしょうか?日本人の歯を守るために、日本にもっとフロスを普及させるべきです!

 

Wikipediaによると、驚くことに

  • 2007年9月 - ジョンソン・エンド・ジョンソンがファイザーの「リステリン」事業を譲り受ける。

とあります。

 

お口クチュクチュは効くのか?

「洗口剤(マウスウォッシュ)は効果があるのですか?」という質問を多くいただきます。歯の表面のプラークは糊状についているので、フロスや歯ブラシを使って物理的にこすり落とさないと取れません。

しかし!よく見かける左の商品には「歯磨きだけでは落とせない!ミクロの汚れまで洗い流す!!」と書かれています。なんとも大胆なコピーです。テレビのCMでも、これでうがいするとすみずみまで洗い流されてスッキリするイメージが紹介されています。「ミクロの汚れ」とは何のことでしょうか?プラーク(細菌のかたまり)をイメージしますが、何を指しているのかは書かれていません。ここに曖昧さがあります。

そこで、もしもこれだけを使いつづけるとどうなるのか?

やってみました。

被験者(モルモット?)は私(院長)、歯面の清掃と記録はうちの衛生士が行いました。

実験方法は単純で、1週間フロスと歯ブラシを使って(歯磨剤は使いませんでした)プラークコントロールをした状態と、1週間歯ブラシもフロスもまったく使わず、上の洗口剤(モ○○ミン)だけを使った状態をプラーク染色液で染め出して比べてみました。また歯周ポケットの検査と歯ぐきからの出血も調べました。

結果は左の写真です。想像していた通り大変なことになりました。もちろん「フロス+歯ブラシ」の圧勝です。洗口剤のみの方はまっ赤!プラークにまみれています。

1週間待たずして2~3日目に口の中はザラザラ、ベタベタしてきました。もうこの辺りで許してほしい~!と思ったほどです。憂鬱な1週間でした。プロービング(歯周ポケットの検査)で、歯ぐきからの出血も起こり始めていました。この広告を信じて何年もこれだけでやり通したら…と考えると恐ろしいです。

結果は、容易に想像できましたが、体感するとかなり気持ち悪いです。最後の方は、かなりしっかりクチュクチュしましたが、ダメでした。まったくプラークはとれません。効果ゼロです。

憂鬱な気分になりますし、口数も減ります。

常に上のようなキレイな状態で過ごす一生と、常に下のようなバイキンまみれのお口で過ごす一生は、まったく違ったものになるでしょう。当然口の健康状態は大きく違ってきますし、全身の健康にも影響してきます。さまざまな歯の治療も必要になるでしょう。そのための苦痛、時間、費用…。心理的にも、コミュニケーションにも影響します。

このような誤解を招く広告は、許し難いと思うと同時に、他のジャンルのCMもそのまま信用しない方がよいのか?と懐疑的になってしまいます。

皆さんも是非正しいプラークコントロールの方法をしっかり専門家から教わって習得してください。

本当のことを知りましょう!ややこしいCMにだまされないように…。

 

「第10回あいしの集い」が行われました。

11月16日(日)この日曜日に、第10回の「あいしの集い」がグランビア大阪で開催されました。

「あいしの集い」は、私たち船曳歯科クリニックが所属しているHDA(Holistic Dental Association)主催の患者さんの集いで、毎年東京・大阪交互で行なわれています。

今年は、大阪開催で、関西のメンバー4人が「本物の歯科医療の話をしよう」と題して講演しました。

私は咬み合わせの大切さについて、顎の関節の位置の重要性をお話しました。内容を簡単に

口の機能には、食べることを中心に、味わったり、話したり、歌ったりと楽しむことが多くあります。
口を動かすために、さまざまな情報が脳に送られ、脳ではその情報を解析するために瞬時に膨大な計算をし、脳から筋肉へ電気信号が送られます。それらをシステムとして実に整然とこなしています。
歯には、奥歯で最大およそ60㎏の力がかかっています。100㎏を超える力がかかることもあります。その力を歯の根の表面にある歯根膜という圧力センサーで感知して必要以上の力がかからないようにコントロールしています。
しかし、それらの巨大な力が長年歯にかかることで、歯がすり減ったり、グラグラと揺さぶられたり、知覚過敏をひきおこしたりします。時には歯を割って(壊して)しまうこともあります。
歯を守るためには、むし歯や歯周病を予防するだけでなく、歯にかかるこの膨大な力をできるだけ効率よく多くの歯に分散させることが大切です。
しかし動いているのは“歯”ではなく“下顎”なので、下顎が関節の中でしっかり安定していることが前提になります。
不思議なことですが、歯の治療を行なう際、顎の関節の状態を考慮して治療されることは、ほとんどありません。
グッドスマイルの歯科医院では、顎の位置から咬み合わせを考えて治療しています。

講演会のあとは、第二部 懇親会!

食事をしながら、診療所とは違った雰囲気で患者さんとワイワイ話して、楽しいひと時でした。

他の診療所の患者さんからも良いお話をたくさん聞けました。

鏡味小時さんの太神楽ショーも盛り上がりました!

これからも、お口の健康についても本当の話を伝えていきたいと思います。