歯削る機器、滅菌せず再使用7割…院内感染懸念(読売新聞)

先日(5月18日)読売新聞朝刊第1面にタイトルの記事が出ていました。
(記事詳細は下記に添付してあります)

滅菌とはすべての細菌やウイルスを死滅させる方法で、歯科の治療器具を滅菌する場合、120℃以上の高温で所定の時間留置する方法が一般的です。オートクレーブという、ちょうど圧力釜のような器械を使います。船曳歯科クリニックでは、患者さんの口の中に入る器具で、120℃以上の熱に耐えられるものは、患者さん毎にすべてオートククレーブで滅菌します。

20年以上前にアメリカで「キンバリー事件」 http://en.wikipedia.org/wiki/Kimberly_Bergalis が起こりました。キンバリーさん(女性)がHIVを発症し、彼女がかかっていた歯科医から複数のHIV感染者が報告されたことで、その歯科医が感染源である可能性が高いとされました。歯科治療でHIVに感染すると全米を震撼させた事件です。

それ以降、アメリカではキャンペーンを行ない徹底的にハンドピースを滅菌するよう努めました。以下はアメリカでの歯科臨床における院内感染予防ガイドライン(2003年)の一部です。

A.エア/給水管に取り付けられた歯科用ハンドピースおよびその他の装置
1.患者を治療する毎に,歯科治療ユニットのエアおよび給水管から取り外しができるハンドピースや,その他の口腔内器具を洗浄し,加熱滅菌する
3.歯科治療ユニットのエアおよび給水管から取り外しできるハンドピースやその他の口腔内器具には,表面消毒も液体化学滅菌剤またはエチレンオキサイドを使用してはならない

どういうことかというと、タービン(歯を削る高速回転器具:キーンと音のするやつ)などのハンドピースは、必ず患者毎に加熱滅菌しなさい、加熱滅菌しか方法はない、ということです。

20年前、当時のアメリカのTV番組のインタビューに答えていた歯科医師は、歯科治療で使ういろいろな器具のうち、もしもどれか一つしか滅菌できないとしたら、ハンドピースを滅菌すると話していました。ハンドピースだけは、中空(チューブ状)で、中が洗えないからというもっともな理由でした。

読売新聞のこの記事によると、7割が滅菌していないとのこと。7割!ほとんど滅菌していないということです。正直私も驚きました。しかも回答があったのが約3割なので、実際に滅菌をおこなっていない割合はさらに増えそうです。

しかし、この記事が出てから、患者ごとの滅菌に対応するため、タービンなどハンドピースやオートクレーブなどの器械の注文が増えていると聞きます。良い傾向ではあります。

自分のかかっている歯科医院が滅菌しているか?どうやって確かめたらよいのでしょうか?残念ながら、7割から判断すると、滅菌していない可能性が高いとなります。

勇気を出して聞いてみることでしょう。といっても正直に答えてくれればの話ですので、最終的には、信頼関係という曖昧なところになりそうです。

まずはっきりとハンドピースを滅菌していると告知しているかどうか?がわかりやすいと思います。

船曳歯科クリニックでは、10年前の開業以来、タービン、マイクロモータなどのハンドピースは、患者さん毎にオートクレーブで滅菌しています。

~以下、読売新聞の文面~

歯を削る医療機器を滅菌せず使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性のあることが、国立感染症研究所などの研究班の調査でわかった。
患者がウイルスや細菌に感染する恐れがあり、研究班は患者ごとに清潔な機器と交換するよう呼びかけている。
調査対象は、歯を削るドリルを取り付けた柄の部分。歯には直接触れないが、治療の際には口に入れるため、唾液や血液が付着しやすい。標準的な院内感染対策を示した日本歯科医学会の指針は、使用後は高温で滅菌した機器と交換するよう定めている。
調査は、特定の県の歯科医療機関3152施設に対して実施した。2014年1月までに891施設(28%)から回答を得た。
滅菌した機器に交換しているか聞いたところ、「患者ごとに必ず交換」との回答は34%だった。一方、「交換していない」は17%、「時々交換」は14%、「感染症にかかっている患者の場合は交換」は35%で、計66%で適切に交換しておらず、指針を逸脱していた。
別の県でも同じ調査を07~13年に4回行い、使い回しの割合は平均71%だった。

 

5月休診のご案内

5月24日(土)26日(月)は、臨時休診となります。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

インフォームドコンセント

Google画像検索でのインフォームドコンセント表示

Wikipediaでは、

インフォームド・コンセントinformed consent)とは、「正しい情報を得た(伝えられた)上での合意」を意味する概念。

(中略)

なお、英語の本来の意味としては「あらゆる」法的契約に適用されうる概念であるが、日本語でこの用語を用いる場合はもっぱら医療行為に対して使用される(Wikipediaより)

とあります。

日本語と英語の概念の間に少し違いがあるようです。英語でinformed consentの画像を検索すると、図のようにたくさんの契約書らしきサンプルが出てきます。さすが契約社会です。

どちらにしても、あらゆる治療を行なう前に患者(あえて患者さんではなく、患者と表記します)の理解が必要で、患者の自由意思によって選択されなければいけないということです。

また、「説明の内容としては、対象となる行為の名称・内容・期待されている結果のみではなく、代替治療、副作用や成功率、費用、予後までも含んだ正確な情報が与えられることが望まれている。また、患者・被験者側も納得するまで質問し、説明を求めなければならない。」(Wikipedia)とも書かれているように、医師側の責任だけでなく、患者側の責任も書かれています。

患者側からは、「この先生は、私に何をしてくれるのか?」 医師側からは、「この患者さんは、何を求めているのか?」という基本的な部分の確認作業でもあるように思います。基本的なことですが、実は通り一遍の問診では見えてこない、深い部分が実際には多くあります。遠慮して言えないこと、本当は何のために治療するのか?患者さんも気づいていない自分が本当に求めているもの、将来的な展望など、患者側もすぐには言葉にならないこと、医師側もすぐには答えられないことがあります。

病気が進んでも、また治療しても元に戻らないことが多い歯科治療の場合、インフォームドコンセントは、特に重要だと感じています。

このインフォームドコンセントを丁寧に行なうためには、ゆっくりとした時間の中で、自由に考え、話し、信頼関係を築いていく作業が必要です。その作業に数時間、または数回のアポイントが必要かもしれません。しかしその時間をつくることで、その歯の将来、口の将来、そしてその人の人生が大きく変わる可能性が十分にあります。そのことをよく知っているので、患者さんの話をゆっくり聞く時間、患者さんが知りたいこと、知るべきことについてしっかり話す時間は、私にとってとても楽しい時間です。

 

 

 

休診のご案内

3月1日(土)は、臨時休診いたします。

映画「プリティーウーマン」のFloss

プリティーウーマン

1990年の映画「プリティーウーマン」

実業家とコールガールが出会い、次第に惹かれあう姿を描いたアメリカ的シンデレラストーリー(Wikipedia)ですが、この映画にフロスが登場します。

ホテルのパウダールームで娼婦役のビビアン・ワード(ジュリア・ロバーツ)がなにやらゴソゴソ。ドラッグではないか?と疑ったエドワード・ルイス(リチャード・ギア)がビビアンに詰め寄り、手に隠し持っていたものを検めると、手の中にフロスが!

フロスはご存知のように歯を掃除する道具。歯を守るツールとしてアメリカでは一般的なものですが、ここでは娼婦ビビアン(ジュリア・ロバーツ)が、実は自分を大切にしているレディーであることを表現しているのだと思います。

破滅に追いやるドラッグかと思いきや、その真逆の健康的なフロスだったところが、歯科医としてとても興味深いシーンでした。

ちなみに、ビビアン(ジュリア・ロバーツ)が手にしていたフロスはこれ。バトラー デンタルフロス#950PJ

知らなかったのですが、日本語吹き替えは1種類ではなくて、テレビ局やビデオ版でそれぞれ違う人がやっているのですね。リチャード・ギアに、あおい輝彦、石田純一、山寺宏一  ジュリア・ロバーツに、戸田恵子、浅野ゆう子など(Wikipedia)です。それぞれ雰囲気違うのでしょうね。

Floss or Die

フロスか死か

1998年、アメリカの歯周病学会は、歯周病が全身の疾患(心内膜炎、心筋梗塞、糖尿病、動脈硬化、早産など)の原因になりえると発表し、マスコミがFloss or Dieとコピーを作ってキャンペーンを行いました。

それ以来日本でも、歯周病は命に係わる全身疾患と関係があるとし、歯周病の治療と予防が推進されています。

TVの健康番組でも、“歯周病を持った方が突然倒れる”というショッキングな再現VTRなどで紹介されたりしています。これらの番組は、むやみに不安をあおっているように思うので違和感を覚えます。しかし歯周病も重症化すると確かにそれらの危険性はあるので、かかりつけの歯医者さんで定期的にチェックしてもらい管理しておくことは大切なことです。

さて今回お話したいのは、このタイトル「Floss or Die」です。

このタイトルが、日本語に翻訳されて紹介されたそのタイトルは、「ブラッシングか死か」でした。「フロス」と訳しても日本では通じないと判断されたのでしょう。1998年当時、ここまで日本ではフロスが認識されていないのか?と残念に思いました。

その後、日本の歯科学会で「ブラッシングか死か」をいう同名のタイトルで学会が持たれました。専門家である歯科医が集まる会でも「フロス」が使われず、ここでも「ブラッシング」とされていました。こうなると“欧米との文化の違い”というレベルではないように思います。

歯ブラシは歯間部(歯と歯の間)にとどかないので、歯周病を予防するには歯周病がはじまるこの部分を他の何かを使って掃除しなくてはなりません。他の何かで推奨されるのが、フロスです。歯間ブラシも場合によってはとても有効な道具ですが、注意が必要です。(前回のブログ参照

しかし日本の歯科医院では、フロスを指導、推奨されることはまだまだ少ないようです。日本の歯科医療が、予防よりも壊れたところの修繕に重点をおいている現われでしょう。確かにフロスが使えるようになるには、最初に歯科医や歯科衛生士の指導が必要だと思います。フロスだけを買ってきてもなかなか使えないでしょう。特に日本では、家庭でフロスを使う習慣がないので、子どものころにフロスを目にする機会もほとんどありません。このこともフロスの壁になっていると思われます。

しかしフロスは虫歯予防と歯周病予防に有効です。子どもの頃からでなくても、目の前の患者さんに歯がある限り、地道にフロスの良さを伝えていきま~す。

フロスvs歯間ブラシ フロスの方が良い!歯間ブラシは注意必要

歯間ブラシフロス

 

 

 

 

 

虫歯や歯周病を予防するには、歯間部(歯と歯の間)を清掃することが大切です。歯周病や虫歯の多くは歯間部から始まります。

大切な歯を虫歯や歯周病から守るためには、歯ブラシ以外に歯と歯の間(歯間部)を清掃する道具が必要です。

代表的な歯間部を清掃する道具は、フロスと歯間ブラシですが、皆さんはどちらか使われていますか?

まずは歯間ブラシ。歯間ブラシは歯の側面のくぼんだところにもブラシがとどきやすいという点で有利です。しかし写真のように、歯間ブラシは、歯と歯の間の歯ぐきがとがっている部分(歯間乳頭部)を圧迫して刺激するので、そこの歯ぐきがやせてきて三角形の隙間ができます。毎日通していると必ずそうなります。食べたものが詰まりやすくなったり、前歯であれば、見た目にも影響します。歯間ブラシのサイズも細いもの(SSサイズなど)では物足りなくなって、太目のもの(MやLサイズ)が必要になってきます。すでに歯と歯の間の歯ぐきがとがっている部分(歯間乳頭部)が無くなっている場合を除き、利点よりも欠点の方が多く、お勧めできません。

一方フロスは、歯ぐきがとがっている部分(歯間乳頭部)を傷つけないので、歯ぐきがやせてくることはありません。そして歯ぐきの溝の中3㎜くらいまで歯の表面をこすることができます。

「使いやすい」「簡単」という一点で、歯間ブラシを推奨している歯医者さんも多いようです。フロスの使い方がわからない方は、是非かかりつけの歯医者さんか歯科衛生士さんに使い方を教えてもらいましょう。

歯間部にはほとんど歯ブラシがとどかないため、そこに細菌が停滞して住み着きます。その細菌(プラーク)によって、歯が溶けたり、歯ぐきから血が出たり、進行すると歯を支えている顎の骨が溶けてきます。予防するには、歯ブラシ以外にフロスを使うことが大切です。。。

歯間ブラシの弊害:この写真は、20歳代の女性で約1年間毎日歯間ブラシを使っていた方。歯ぐきのとがった部分(歯間乳頭)が退縮しています(〇印)。さらに使いつづけることで、さらに隙間が大きくなってくることが予測できます。

歯肉退縮

休診のご案内

1月25日(土)は、臨時休診となります。

年末年始 休診のご案内

12月29日(日)~1月5日(日)休診いたします。

新年は、1月6日(月)より診療いたします。

休診のご案内

12月11日(水)臨時休診いたします。