Menu

予防中心の診療姿勢

Home

予防中心主義

 “一生自分の歯で!” 
これは誰しもが願うことでしょう。私たちの仕事の大きなテーマでもあります。
8020運動をご存知でしょうか?厚生労働省や歯科医師会が提唱している80歳で20本の歯を残そうという運動です。20本とは、「食事や人と話すことなどがまずまずできる」という本数。いわゆるQOL生活の質)を維持するために必要な本数です。


日本は、過去類をみない長寿国になりました。残存歯数(歯が残る割合)も年々増えてきています。しかし現在の日本はおよそ“8010”。80歳で平均10本しか残っていないのが現状です。80歳になっても自分の歯でしっかり噛んで、美味しいものを美味しく食べて、いつまでも若々しくありたいものです。

健康な歯の家族

とはいっても、「80歳なんてまだまだ先の話、今は何も問題ないし大丈夫」という20~30代の方も多いでしょう。
40~50代の方では、なんとなくわかるような気がするかもしれませんし、60~70代の方では、切実に感じられる方も少なくないかも知れません。


しかし、 『歯は老化で失われるのではありません。』 そのほとんどが、虫歯や歯周病といった歯の病気で失われるのです。

一人平均現在歯数の年次推移

ところで、歯医者にかかるのは痛いときだけ、という考え方はありませんか?このようにその場その場の治療を繰り返しているうちに、少しずつ、しかし確実に健康な白い歯が失われていってしまいます。そのことは、長い年月をかけて徐々におこってくるため、気が付きにくく、あるときそれを老化のせいだと思い込んでしまうかも知れません。


まずは今のお口の状態をよく知ること。その場治療を卒業し、将来を見すえた予防中心の健康治療に切り替えること。そして、みなさんと私たちとが協力しあって健康な口をつくり、生涯それを守っていく。それが本当の歯科医療であると思います。

健康な歯

船曳歯科クリニックでは、その場治療ではなく、歯を守るための予防を中心にした健康治療をおこないます。またそれをシステムとして計画的に進めていきます。


『歯の治療で大切なことは、歯を守ることです。』

船曳歯科クリニック

〒651-0085
兵庫県神戸市中央区八幡通4-2-18
昭和住宅・福本ビル6F
各線三宮駅南へ5~7分
神戸市役所東向かい