本日のラバーダム

上の一番奥の歯です。歯の外側が溶けて穴があいています。

この部分に歯を溶かす細菌が住み着いていたのでしょう。

なぜ住み着いたのでしょう?そこが問題です!

このままではまだこの歯は溶けつづけるでしょう。あと10年すると硬い硬い歯のエナメル質と象牙質を貫いて歯髄(歯の神経)に到達するかもしれません。それは5年後かもしれませんし、3年後かもわかりません。おそらく1年後ということはないでしょう。

では削って詰めれば溶けることは止まるでしょうか?

そもそもこの歯が溶けた原因がなくならないと溶けつづけるはずです。

もしも神経を失ってしまうと弱くなった歯が割れてしまうかもしれません。割れてしまった歯は、抜歯しなければならないかもしれません。

いまだったらまだ穴は小さい。これからこの歯を守るためには、こうなった原因を突き止めて、その原因をなくせば大丈夫!

その原因の多くが生活習慣にあります。その原因に目を向けず、穴を削って詰めるだけの治療では終わりはないので、数年おきくらいに削って詰めてを繰り返すことになります。

幸いこの患者さんの虫歯の原因は発見され、今ではその原因もほぼなくなりました。

写真のように「削って詰める治療」もその原因をなくす治療の一環であることに間違いはありません。

治療中に細菌が歯の中に入らないように、写真のようにラバーダム(青いシート)をします。

余談ですが、この写真では、私は左手で器具を持って虫歯を取り除いています。右手を使うことが多いのですが、私は左右どちらも使えるので歯科医の仕事をする上でとても便利です。

(次の写真)虫歯を取り除きました。最初に黒かった部分よりも大きな虫歯でした。

最後の写真は、詰める治療が終わったところです。

ここからが新しいスタート!

予防法をしっかり実践できれば大丈夫!

虫歯のような感染症の治療もコロナの感染対策もよく似ているなと感じます。

原因を科学的に解明して初期のうちに叩く!爆発を防ぐ!ということです。

対策(処置など)を講じる場合、科学的に有効で将来不安なく健康を維持できる方法であるべきです。

原因もわからないまま削って詰めて治りました!では将来もっと大きく健康を損ねる可能性を残すことになります。

もう溶かさないでね。。。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

 

コロナウイルスの感染予防策

コロナウイルスの感染拡大を阻止するために各方面で努力されておられます。

医療機関では、スタンダードプレコーションといって平素から基本的にはすべての患者さんがいろいろな感染症をもっておられると仮定して感染予防策がとられています。

この度のコロナウイルスの感染拡大に対しても、皆さんに安心して来院していただけるよう私たちのクリニックの感染対策(インフェクションコントロール)についてお伝えいたします。

個室診療…患者さんの治療はお一人おひとり完全に隔離された環境で治療を行っています。

少人数の完全予約制…丁寧な治療を行うためにお一人の治療に1~1.5時間程度の時間を確保しています。ですので1日に来院される患者さんは5~8人程度で、他の患者さんと交差することはほとんどありません。

器具の滅菌と消毒※…お口に入る器具はすべて使い捨てか滅菌処理をしています。

防護カバー※…治療中に歯科医をはじめ医療スタッフが触れる部分はカバーを施し、患者さん毎にすべて廃棄、交換しています。

※以前の記事をご参照ください。

窓の解放…治療が終了したら、治療に使われた器具を滅菌消毒室へ撤収し、治療室内の消毒と次の治療の準備を行いますが、その間写真のように窓を全開にし換気しています。

手指消毒のお願い…この度のコロナウイルス感染予防策として、来院された患者さんにアルコールでの手指消毒をお願いしています。

これらの感染対策(インフェクションコントロール)を完全に行うため、またこの度のコロナウイルスの感染予防を考えると、来院患者さんの人数が少数であることと、診療室が完全個室であることが極めて有効なのだと改めて感じています。。。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

1月休診のご案内

1月20日(月)21日(火)および27日(月)休診いたします。

1.17.25年

1月17日 今日で震災から25年になりました。

四半世紀になりますが、ついこないだのように思います。

毎年出勤前に東遊園地を訪れて、当時をふりかえる機会になっています。

25年前の当時私は20代後半で、元町にある父の歯科医院に勤めていました。

電車は数か月不通でしたので、須磨から自転車で通勤していました。

診療所は比較的無事でしたが、水道がしばらくストップしていて、「水がないと何もできない」という状況を痛感していました。

歯の治療をするには、必ず水が必要です。

 

歯を削る機械から水がでるようになっているのですが、それには歯を削るときに熱がでるのでそれを冷やす目的があります。

水がきてない期間は、治療は緊急の場合のみ。ペットボトルの水を注射器のシリンジに入れて、横から水をかけてもらいながらゆっくり歯を削っていました。

そうこうしていると屋上の水道だけ水がきていることがわかって、屋上から長いホースを使って水を確保するようになりました。

まだ診療台には水がつながってなかったので園芸用のポンプを診療台につなぎ、そこから水がとれるようにして、ある程度通常通りの診療ができるようになったのを覚えています。

患者さんの中には、自分がうがいする水をペットボトルで持参してくれる方もおられました。

大阪から元町の会社まで自転車で通勤されていた患者さんもおられました。

当時は神戸のすべての人があらゆる場面で苦労していましたが、いい思い出になっていることも多くあります。

神戸の人は、少し前の話をするときに、震災の前だったとか、後だったとか、ちょうど震災のころだったとか、震災のころは小学生だったとか、まだ生まれてなかったとか…震災が一つの区切りになっているようです。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

今年も開業以来変わらないクリーンな環境で、安全安心な診療をこころがけます。

例えば…

患者さんのお口の中に入るタービンやマイクロモーターなど歯を削ったり、磨いたりする機械は、すべて患者さんお一人お一人に滅菌されたものを使います。

例えば…

それ以外のお口に入る器具も、同じく滅菌されたものか、ディスポーザブル(使い捨て)のものを使います。

例えば…

スリーウェイシリンジという水や空気がでる器具も、お口の中に入る先のチップの部分と歯科医や歯科衛生士が触れる部分のビニールカバーも患者さん毎にディスポーザブル(使い捨て)です。

 

 

 

 

 

 

当然ですが…

診療に使うグローブも患者さん毎に廃棄して新しいものを使います。

私たちはお一人お一人の診療に、個室診療で1時間~の時間を確保しています。ですから1日のうちに来られる患者さんも限られますので、このようなクリーンな環境を作りやすいのです。

私たちも、気持ちよ~く、丁寧な診療ができていますicon_biggrin.gif

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。。。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

 

 

 

年末年始 休診日のご案内

12月29日(日)~1月5日(日)休診しております。

年始は、1月6日(月)からの診療になります。

9月 休診のご案内

9月25日(水)28日(土)臨時休診いたします。

1.17.

もう干支が2周しました。

毎年この日には出勤前に東遊園地に立ち寄って、当時のことを思い出し、また東北その他の被災地に思いを巡らせ、皆さんの温かい心に触れています。

今年は雨が降らず、雪地蔵さんも溶けずにいい笑顔でした。

雪地蔵は高校球児が作っているらしく、なんと雪は鳥取から!

黄色の花びら1枚1枚にメッセージが書かれています。

高校球児やメッセージを書いてくれたみんなは、神戸の震災は体験していないはずですが、冷たい雪を触りながら、何書こうか?とマジックもって迷いながら、何かを感じてくれてるんやろなあと心温まります。

 

年末年始 休診のご案内

12月29日~1月4日 休診いたします。

年始は、1月5日(土)より診療いたします。

歯が割れそう

定期的にメンテナンスを受けておられる患者さんですが、メンテナンスの中で発見されました。

上の一番奥の歯の奥に黒い亀裂があるのですが、わかりますか?

下の写真が拡大したもので、赤の矢印が亀裂です。

患者さん自身は、痛くもかゆくもありませんのでメンテナンスでたまたま発見されたのです。

この亀裂を放置すると、ここから歯が割れて抜歯しなくてはならなくなるかもしれない、実は重要な問題なのです。

この歯を守るために必要なことは、これ以上亀裂が広がらないように、歯が割れないようにすることです。

そのためにこの歯の表面を一層削って、硬い材質もので被せる必要があります。

患者さんといっしょに、この写真をモニターで拡大して観察しました。

今回発見されてよかったこと、まだこの歯を残せるチャンスがあること、何よりメンテナンスに来られたことが発見につながったこと…などお話して、これからの治療の目的や方法を説明をして治療にとりかかりました。

表面を削っていくと、写真のように中が見えてくるに従って、黒い亀裂もよりはっきりわかるようになりました。

最終的に、歯と修復物との境目や顎の位置や動きと調和した咬み合わせなど綿密に設計され作製された金属の歯を被せて、治療終了です。

一番奥の歯には、非常に強い力がかかります。

その強い力で歯に亀裂が入ったのです。

今後何年もの間その破壊的な力から歯を守ることを考え、修復物の材料にはセラミックなどの白い歯ではなく、一番壊れにくく、歯にかかる衝撃も少ない金属を選択しています。

これで一安心です。

治療後は、快適に過ごされています。

治療回数4回(1回あたりの治療時間1時間~1時間30分)

虫歯や歯周病などの歯の病気で歯を失うことが多いですが、このように歯が壊れることで失う場合も非常に多いのです。

できる限り、歯が壊れないように咬み合わせを調整しておくなどの予防策も大切です。

もしも亀裂が見つかった場合には、このように歯を被せてそれ以上の破壊を防ぐことも大切です。

しかし同時に亀裂があればすべて削って被せる必要があるかというとそれもまた違います。

亀裂が見つかってもそのまま経過観察していく場合もまた多くあります。

ご心配であれば、かかりつけの歯科医に相談されることをおススメします。

 

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020