初めての虫歯

小学校低学年の元気な男の子。人生初めての虫歯の治療です。

残念ながら歯が溶けてしまいました。虫歯です。

歯と歯の間からの虫歯で、手前の歯と後の歯の両方が溶けていました。

麻酔の注射もがんばってクリアし、ラバーダムもうまくできて、きれいに治療は完了しました。よくがんばりました。

一件落着。。。

ですが、ここで大事なことは “これで終わりにすること”です。一生のうちで歯が溶けるのはこれで終わりにすることです。

幸い溶けた歯は両方とも乳歯です。数年後には脱落して生え変わる歯です。抜けたら次にまっさらな永久歯がはえてきます。

歯が溶けた原因はなんだったのでしょう?

このチャンスに子ども版デンタルドックをして他の歯の状況や虫歯の原因を突き止めていきました。

彼の場合は、お母さんも予防に熱心でフロスも使っていたのに溶けてしまいました。

考えられる最大の原因は、ジュースやグミやハイチューの中に入っている砂糖です。

この問題を解決しないかぎり今度は永久歯が溶けてしまう可能性が高いです。逆に考えれば、虫歯の連鎖を食い止める絶好のチャンスです!

本人とお母さん、私(歯科医)と歯科衛生士の4者でこの問題を解決していきます。

幸い本人もお母さんも前向きに楽しんでシュガーコントロールに取り組んでいます。

“楽しんで”が大切 (笑)

本人とお母さんは歯科衛生士から歯ブラシやフロスの正しい使い方のレクチャーを受けて、家庭でもがんばって練習しています。

歯科医や歯科衛生士ができることはサポートすることで、実際に予防していくのは本人はじめ家庭の問題になります。

彼の場合、安心できる材料があります。それは彼の家庭に高い予防の意識があることです。それは来院のきっかけにも表れています。

子どもの虫歯の場合、来院のきっかけの多くは学校の歯科検診で虫歯の紙をもらってくるか、痛くなってからか、または明らかに大きな黒い穴が発見された場合なのですが、彼の場合は「食べるときにいままでよりも歯と歯の間によく詰まるようになった」「最近フロスを通すとフロスが引っかかるような気がする」ということでした。歯の健康に関心がないとこの虫歯はまだまだ発見されなかったでしょう。

このように、虫歯一つでも丁寧にその背景に目を向けて、これからの長い将来のことを考えることがとても重要です。そのことで患者さんは、虫歯は予防できることを理解され、そのために必要なことを前向きに楽しんで実行されるのです。

虫歯の治療は丁寧に削って詰めることだけではありません。削って詰めるのは虫歯治療のごく一部にすぎません。

大切なことは、主体が患者さんであることです。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

咬み合わせによる歯の痛み

上の奥歯が痛くて噛めないということでした。

診察してみるとどうやら痛いのは一番奥の歯のようです。

左の写真は、赤い色のつくリボンを咬んでギシギシ歯ぎしりしてもらった後の上の奥歯です。

虫歯や歯周病の徴候はありません。

では痛みの原因は何なのか?ヒントは赤い色のつき方にありました。一番奥の歯に一番ハッキリと広い面積で赤い色がついています。

奥歯のこの部分にこのように色がつくということは、下の奥歯とこの部分でこすれ合っているということです。

一番奥の歯ですので、かなり強い力がかかります。軽く50kgくらいの力はかかるでしょう。もしかすると100kg近くの力がかかるかもしれません。

下顎には口を閉じる(下顎を上に引っ張る)筋肉が3種類ついています。どの筋肉も下顎を強い力で引っ張りあげます。その力を歯が支えています。

歯に対してその力のかかる方向が重要です。

奥歯は、その歯の軸に対してまっすぐにかかる力にはかなり抵抗できるような構造になっています。しかし斜めに力がかかると、図のように歯の根の中央あたりを軸にしてねじられるような力がかかります。

左右にギシギシと歯ぎしりをすればさらに揺さぶられる力は増します。歯ぎしりをするときに奥歯がひっかかっているような状態になっているのです。

この方向に毎日毎日何時間も50kg以上の力がかかれば痛くなるのも想像できます。

歯にかかった力は歯の周りの歯根膜にあるセンサーで電気信号に変換されて脳に送られます。脳でその信号が計算されて今度は脳から顎の筋肉に力をコントロールするよう信号が送られ咬む力がコントロールされています。

今回のよに突然強い痛みが起こるような急性の場合は、そのコントロールが追い付かないほどいつもより強い力がいつもより長くかかっていることが考えられます。

このような患者さんは、寝不足がつづいていたり、不安を感じられていたり、どこか別の場所に痛みがあったり…といわゆるストレスをかかえていることが多くあります。

それに加えてこの方の場合は、前歯に特徴がありました。まっすぐ咬んでも上下の前歯があたらないのです。このことで下顎を前後左右どこに動かしても奥歯にしか当たらないとう状態になっていました。さらに奥歯に負担がかかる構造になっていたのです。

そこで奥歯にかかる斜めの力を軽減させるために咬み合わせの調整をしました。

写真左の黄色枠の部分を少し削って、写真右のように上下で接触する面積を小さくしました。斜めにかかる力を減少させたのです。

歯を調整した量は写真を見てもほとんどわからないくらいわずかですが、その瞬間から「軽くなった感じがします」「ギシギシしても痛くないです」と効果ははっきりみられました。

一件落着です。。。

このように障害になるような過度な力がかかりつづけると、歯が揺さぶられつづけることでグラグラと動いてくるかもしれません。歯周病が急速に進むかもしれません。

あるいは歯が過度にすり減って表面のエナメル質がなくなることはよく見られることです。エナメル質がなくなればその下にある象牙質がむき出しになるので知覚過敏のピリピリ痛む症状が強くなるかもしれません。

あるいは歯が割れてしまって、もっと激しい痛みを経験し、抜歯が必要になって歯を失うかもしれません。

あるいはこの歯が原因でくいしばりや歯ぎしりの傾向が強くなって、顎の筋肉だけでなく首や肩の筋肉の痛み(凝り)が激しくなるかもしれません。

このようなことがいくつか重なることも考えられます。

その力は、歯を壊してしまうほどの力かもしれません。

今回のポイントをまとめてみますと…

歯が痛む原因は、虫歯と歯周病以外にも考えられる

診断するには、細かく丁寧な診察とインタビュー(問診・聞き取り)が必要

処置をする前には必ず前述のようにその原因と処置の方法、処置をした後の症状改善の見通しを丁寧に説明し、理解してもらうこと

咬み合わせの力は、一般的に想像されているよりもかなり大きい

咬み合わせの力の影響は毎日毎日何十年とつづくことが考えられるので、ポディーブローのようにジワジワ効いてくることが多い

痛みなどの症状が出る場合はいよいよ限界を超えた状態のことが多いので、歯にとって危険信号と考えた方がいい

今回は痛みの症状がでたこの歯1本だけに焦点を当てましたが、口の中にはたくさんの歯があります。1本の歯が他の歯に影響を与えますし、他の歯がこの1本の歯に影響を与えています。歯に限らず、顎の骨や歯ぐき、顎を動かすや筋肉や関節、神経や血流はそれぞれに影響し合っているのです。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

 

 

ペンフィールドの地図

ペンフィールドの地図。体の各部位からの入力が、感覚皮質のどの部分に投射(projection)されているかを示したもの。描かれている顔や体の絵は、各部位からの入力が、どれぐらいの領域に投射されているのか、その面積比を表している。これは人間の体の形とは大きく異なり、唇や顔、手などから入力を受ける面積は大きく、背中や尻などから入力を受ける面積は小さい。こうした面積の大小がそれぞれの感覚の繊細さに対応している。

【ペンフィールドの地図】

これはペンフィールドの地図といいまして、カナダの脳神経外科医ペンフィールドが今から70年前に、脳の機能の中の感覚と運動をつかさどる領域の中で身体のその部分にどれだけ脳が使われているかを表した図です。

脳の表面に体の部分の絵が描かれています。

脳の中の感覚や運動をつかさどる部分の中で、手や目、耳などを含めた身体全体の約1/3は口の機能のために使われています。図に赤く示した部分です。

口にはそれだけ多くの情報があり、口を動かすためにはコンピューターでいうところのメモリーをそれだけたくさん使っているということです。

普通に食べ物を噛んで飲み込むだけでも、食べ物の大きさや硬さなどの性状、噛むことによる性状の変化、その性状に合わせて口を開閉するための筋肉の力の調整、顎の筋肉だけでなく舌や頬をうまく使って食塊を歯の上にのせること、咀嚼中に舌や頬、唇を噛まないように調整すること、噛んだ食塊を喉の奥へ運び飲み込むこと、などかなり複雑な計算が必要です。

それに加えて、口には話す機能、発音する機能もあります。口を使って愛を確かめ合うことも大切な機能の一つです。

口の機能が衰えるようなことがあると、人生の楽しみの多くが失われるということを意味します。

また歯を失ったり、食べ物を噛まなくなったり、人としゃべらなくなったりと口からの刺激が減少すると、脳のその刺激を司る部分が委縮し、認知症のリスクが高まることも指摘されています。

是非歯を大切にして、大いに食べて、しゃべって、笑って、歌いましょう!

と結論付けたいのですが、コロナの影響でこれらの大きくが制限されています。まさに人生の楽しみの多くが制限を受けています。

早くこの騒動から解放される日を祈っています。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

休診のご案内

8月13日(木)~16日(日)休診いたします。

本日のラバーダム 根の病気に思う…

歯ぐきにできたデキモノ。Fistel(瘻孔:ろうこう)といいます。膿の出口という意味です。

通常痛みはありません。でもコロコロしてちょっと気持ち悪い程度のことが多いです。この患者さんもちょうどそのような症状でした。

膿の出口と言いましたが、その膿は顎の骨の中で作られています。歯の根の先に膿の袋ができているのです。その膿が常にこのデキモノから出てきています。身体の中で常に膿が出ているところはもちろん病気ですし、異常なことです。

これは歯髄(歯の神経)が入っていた管の中が細菌で汚染されるためにおこります。原因が歯の中なので、外から一生懸命歯を磨いても治りません。抗生剤を飲んでも汚染された根の中までは除菌されないので治りません。

治すためには根の中の細菌をなくすことが必要です。根の中を消毒するのです。根の中が完全に消毒できれば、つづいてその管に綿密な詰め物をしてもう細菌が侵入しないように密閉します。

左側の図の赤い部分が汚染されている部分です。Abscessは膿の袋のことです。真ん中の図のようにFileという器具などを使って汚染された部分を除去していきます。

ということで、写真の歯の根の治療を始めました。過去にも根の治療を受けている歯です。

詰め物を削って歯の中を見てみると、目で見てもわかるくらい細菌で汚染されていて、ドロドロでした。

歯の周りの青いシートはラバーダムです。治療する歯を口の中から隔離して、唾液や細菌が歯の中に入らないように遮断して治療します。根の治療をする際には必らずラバーダムをするように大学で教わるのですが、実際に使われることはなぜか少ないようです。

さて、歯の中から過去に治療されていた詰め物が出てきました。これがその詰め物です。

幸いなことに、過去の詰め物もうまく除去できて、根の中も完全に消毒でき、デキモノはなくなりました。身体は正直です。身体が攻撃すべきもの(細菌)がなくなれば治るのです。

これでこの歯を延命できる可能性がグッと高まりました。本当によかったです。大きな歯(大臼歯)ですので、噛むという意味でも大きな意味があります。この患者さんは40代。まだまだこれから30年40年50年と口を使われます。

ご紹介したように、この患者さんは過去にも同じような治療を受けておられて、今回は再治療でした。このように再治療が必要な患者さんと毎日のように出会います。

そもそもこの歯の神経は何年も前に除去されていたのですが、まずそれはなぜだったのか?

おそらくめちゃくちゃ大きな虫歯ができたためでしょう。そこまで歯が溶けていることを放置していた経緯があるのでしょう。ではなぜ?なぜ歯が溶けたのか???歯を磨かなかったから??チョコレートを毎晩食べてたから??いろいろ原因は考えられますが、その原因を今まで検証されたことがあるでしょうか???

ないのです!

この方は、この歯以外にも多くの歯の虫歯治療が施されていますが、なぜ歯が溶けるのかを一度も検証されたことはないのです。

検証といえば大げさですが、その原因について歯科医と話したことすらないのです。

不思議でなりません。歯科医のすべき仕事は何なのでしょうか??

私はこの方(この患者さん)の口の健康のために私の伝えられることすべてをお伝えしようと思います。

20年後30年後の将来、歯のことで心配されることがないように…

よく噛めて、快適で、美しい口であるように…

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

本日のラバーダム

上の一番奥の歯です。歯の外側が溶けて穴があいています。

この部分に歯を溶かす細菌が住み着いていたのでしょう。

なぜ住み着いたのでしょう?そこが問題です!

このままではまだこの歯は溶けつづけるでしょう。あと10年すると硬い硬い歯のエナメル質と象牙質を貫いて歯髄(歯の神経)に到達するかもしれません。それは5年後かもしれませんし、3年後かもわかりません。おそらく1年後ということはないでしょう。

では削って詰めれば溶けることは止まるでしょうか?

そもそもこの歯が溶けた原因がなくならないと溶けつづけるはずです。

もしも神経を失ってしまうと弱くなった歯が割れてしまうかもしれません。割れてしまった歯は、抜歯しなければならないかもしれません。

いまだったらまだ穴は小さい。これからこの歯を守るためには、こうなった原因を突き止めて、その原因をなくせば大丈夫!

その原因の多くが生活習慣にあります。その原因に目を向けず、穴を削って詰めるだけの治療では終わりはないので、数年おきくらいに削って詰めてを繰り返すことになります。

幸いこの患者さんの虫歯の原因は発見され、今ではその原因もほぼなくなりました。

写真のように「削って詰める治療」もその原因をなくす治療の一環であることに間違いはありません。

治療中に細菌が歯の中に入らないように、写真のようにラバーダム(青いシート)をします。

余談ですが、この写真では、私は左手で器具を持って虫歯を取り除いています。右手を使うことが多いのですが、私は左右どちらも使えるので歯科医の仕事をする上でとても便利です。

(次の写真)虫歯を取り除きました。最初に黒かった部分よりも大きな虫歯でした。

最後の写真は、詰める治療が終わったところです。

ここからが新しいスタート!

予防法をしっかり実践できれば大丈夫!

虫歯のような感染症の治療もコロナの感染対策もよく似ているなと感じます。

原因を科学的に解明して初期のうちに叩く!爆発を防ぐ!ということです。

対策(処置など)を講じる場合、科学的に有効で将来不安なく健康を維持できる方法であるべきです。

原因もわからないまま削って詰めて治りました!では将来もっと大きく健康を損ねる可能性を残すことになります。

もう溶かさないでね。。。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

 

コロナウイルスの感染予防策

コロナウイルスの感染拡大を阻止するために各方面で努力されておられます。

医療機関では、スタンダードプレコーションといって平素から基本的にはすべての患者さんがいろいろな感染症をもっておられると仮定して感染予防策がとられています。

この度のコロナウイルスの感染拡大に対しても、皆さんに安心して来院していただけるよう私たちのクリニックの感染対策(インフェクションコントロール)についてお伝えいたします。

個室診療…患者さんの治療はお一人おひとり完全に隔離された環境で治療を行っています。

少人数の完全予約制…丁寧な治療を行うためにお一人の治療に1~1.5時間程度の時間を確保しています。ですので1日に来院される患者さんは5~8人程度で、他の患者さんと交差することはほとんどありません。

器具の滅菌と消毒※…お口に入る器具はすべて使い捨てか滅菌処理をしています。

防護カバー※…治療中に歯科医をはじめ医療スタッフが触れる部分はカバーを施し、患者さん毎にすべて廃棄、交換しています。

※以前の記事をご参照ください。

窓の解放…治療が終了したら、治療に使われた器具を滅菌消毒室へ撤収し、治療室内の消毒と次の治療の準備を行いますが、その間写真のように窓を全開にし換気しています。

手指消毒のお願い…この度のコロナウイルス感染予防策として、来院された患者さんにアルコールでの手指消毒をお願いしています。

これらの感染対策(インフェクションコントロール)を完全に行うため、またこの度のコロナウイルスの感染予防を考えると、来院患者さんの人数が少数であることと、診療室が完全個室であることが極めて有効なのだと改めて感じています。。。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

1月休診のご案内

1月20日(月)21日(火)および27日(月)休診いたします。

1.17.25年

1月17日 今日で震災から25年になりました。

四半世紀になりますが、ついこないだのように思います。

毎年出勤前に東遊園地を訪れて、当時をふりかえる機会になっています。

25年前の当時私は20代後半で、元町にある父の歯科医院に勤めていました。

電車は数か月不通でしたので、須磨から自転車で通勤していました。

診療所は比較的無事でしたが、水道がしばらくストップしていて、「水がないと何もできない」という状況を痛感していました。

歯の治療をするには、必ず水が必要です。

 

歯を削る機械から水がでるようになっているのですが、それには歯を削るときに熱がでるのでそれを冷やす目的があります。

水がきてない期間は、治療は緊急の場合のみ。ペットボトルの水を注射器のシリンジに入れて、横から水をかけてもらいながらゆっくり歯を削っていました。

そうこうしていると屋上の水道だけ水がきていることがわかって、屋上から長いホースを使って水を確保するようになりました。

まだ診療台には水がつながってなかったので園芸用のポンプを診療台につなぎ、そこから水がとれるようにして、ある程度通常通りの診療ができるようになったのを覚えています。

患者さんの中には、自分がうがいする水をペットボトルで持参してくれる方もおられました。

大阪から元町の会社まで自転車で通勤されていた患者さんもおられました。

当時は神戸のすべての人があらゆる場面で苦労していましたが、いい思い出になっていることも多くあります。

神戸の人は、少し前の話をするときに、震災の前だったとか、後だったとか、ちょうど震災のころだったとか、震災のころは小学生だったとか、まだ生まれてなかったとか…震災が一つの区切りになっているようです。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

今年も開業以来変わらないクリーンな環境で、安全安心な診療をこころがけます。

例えば…

患者さんのお口の中に入るタービンやマイクロモーターなど歯を削ったり、磨いたりする機械は、すべて患者さんお一人お一人に滅菌されたものを使います。

例えば…

それ以外のお口に入る器具も、同じく滅菌されたものか、ディスポーザブル(使い捨て)のものを使います。

例えば…

スリーウェイシリンジという水や空気がでる器具も、お口の中に入る先のチップの部分と歯科医や歯科衛生士が触れる部分のビニールカバーも患者さん毎にディスポーザブル(使い捨て)です。

 

 

 

 

 

 

当然ですが…

診療に使うグローブも患者さん毎に廃棄して新しいものを使います。

私たちはお一人お一人の診療に、個室診療で1時間~の時間を確保しています。ですから1日のうちに来られる患者さんも限られますので、このようなクリーンな環境を作りやすいのです。

私たちも、気持ちよ~く、丁寧な診療ができていますicon_biggrin.gif

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。。。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020