Pink Ribbon Festival

いまクリニックの前のフラワーロードに「ピンクリボン」のサインが並んでいます。

このピンクリボンの意味はご存知でしょうか?

ピンクリボンとは、乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を推進すること、などを目的として行われる世界規模の啓発キャンペーン 詳しくはこちらのリンクから ⇒Pink  Ribbon Festival

女性が一生で乳がんを経験する人は8人に1人だそうです。

乳がんは女性だけの病気ではなく、数は少ないですが男性の乳がんもあるようなのです。

ちなみに男性は1000人に1人くらいだそうです。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

 

ろうあの方とのコミュニケーションとインフォームドコンセント

治療する前には、必ず今の状況をできるだけ正確に詳しく説明しています。

そのときには絵を描くことが多いですが、この方の場合は少し違いました。

耳が不自由なこの方の場合、すべてが筆談になるので、絵だけでなく左のように説明も文章で書くことになります。

でも、これには思わぬ効果がありました。

文章にして手で文字を書くには口で話すよりもずっと時間がかかりますが、その分お互いの理解が深まる感覚があるのです。

患者さんの方も真剣でした。

デンタル・ドックを受けられ、現在の歯や口の状態と口全体の治療計画、保険診療と自由診療の違い、クリニックの診療姿勢についてもしっかり理解されました。

治療する前に今日の治療の説明をして、お互いがんばって治療して、治療後の説明・注意事項を伝えて、次の予約を取って終了。

治療のルーティーンになっていた1時間半ほどのこの時間は、ホントに楽しい時間でした。

そんなことで説明のメモ書きがどんどん増えていきました。

この患者さんからのご紹介で、同じようなろうあの方が数名来られましたが、それぞれコミュニケーションの取り方が違います。

ある方は、読唇術というのでしょうか、マスクをはずして口元を見てもらえば理解されます。いまの時期は、フェイスシールドが役立っています。

ある方は、パソコンのキーボードを使ってモニターに映し出して伝えています。チャットのような感覚です。その場合は、治療終了時に印刷してお渡ししています。

この方の場合、時間のかかる私の手書きの説明に根気よく付き合っていただいて、質問もたくさんしてくれました。理解しようとされる強い姿勢がうかがえました。

どのような患者さんであっても、ラポールを築くことがとても大切だということを改めて感じました。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

奥歯を失いそうです。

左奥歯のレントゲン写真です。何が見えるでしょうか?

歯と骨と修復物が見えます。

分かりやすいように骨のラインを赤線で描いてみたのが下の図です。

赤の実線が実際の骨のライン、点線がもとの骨のラインです。

実際の骨の位置がもとの骨の位置よりもかなり下にあるのがわかりますね。

歯周病で骨がなくなっています。

右端の斜め向いてる歯が親知らずですが、親知らずのまわりは化膿していて、歯ぐきの溝から膿が出ていました。

このままでは、親知らずだけでなく、その手前の歯も失ってしまいます。

なぜこのようなことが起こったのでしょうか?

いろいろ考えられます。

◇親知らずが斜めになっていることで、手前の歯との間に大きな段差ができて、食べ物がつまりやすく、つまったものは出てきにくく、掃除ができないので細菌が停滞しやすい構造になっている。

◇手前の歯には金属の冠が被せてありますが、それがもとの歯よりも大きく、人工的に大きな段差ができていて、同じく細菌が停滞しやすい構造になっている。

◇咬み合わせの関係によって顎にかかる強い力で奥歯が揺さぶられるようになっている。

主にはこのあたりが原因です。

治療方針

これらの原因をなくすことが治療になります。

まずは正しい歯の手入れの方法を身に着けて、毎日実践することです。歯を健康に残すためには、どんな治療よりも必要なことです。

この方の場合、デンタルフロスと歯ブラシに加えて、部分的に歯間ブラシも使ってもらっています。

そして掃除しやすい、お手入れしやすい環境をつくることです。

そのために親知らずを抜歯し、手前の歯の冠を作り変えました。

治療後に骨が再生されてきました。

最初のレントゲン写真と比べると、親知らずがなくなって、白っぽく見える骨が再生されてきているのがわかります。

完璧なお手入れの方法を身に着けられ、細菌が停滞しにくい(手入れしやすい)環境を作って、奥歯が揺さぶられないように咬み合わせを設計した結果です。

これで親知らずの手前の歯はかなり延命できるでしょう。

何よりもご本人の努力です。

前述のようなコンセプトで口全体を治療しました。

この左下同様、治療後5年ほどの経過はいまのところとても順調です。

治療がうまくいったとも言えますが、何よりもこの患者さんの努力の結果です。

毎日のプラークコントロールを確実にされていること!まずはこれに尽きます。。。

例えば、面倒なデンタルフロスを毎日欠かさず上手にされていること。奥歯の隅の方まで上手に歯ブラシを届かせていること。入れるのが難しい角度の部分に上手に歯間ブラシを入れていること。などなど

もう1つ忘れてはいけないのが、欠かさずメンテナンスを受けられていることです。

この方は、私どものクリニックへ来られるのに片道2時間ほどかかりますが、3~6ヶ月のメンテナンスには必ずお越しになられます。

すばらしいデンタルIQです。

まとめ

今回のブログでは、親知らずをネタに歯科治療の基本を解説しましたが、どのような歯科治療でも基本は同じです。

清潔にすること と 歯を傷めるような力がかからないようにすること です。

このコンセプトは、あらゆる人の治療に応用できます。

関心を持たれた方は、お電話でご予約の上、どうぞ遠慮なくご相談にお越しください。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

 

JR三ノ宮の駅ビル、2023年から作り始めるそうです。

JR三ノ宮駅の駅ビルは、現在は取り壊されて更地になっています。

そのため見晴らしがよくなっていて、JRの南側から六甲山の山並みが見えるようになっています。

そんな中、停滞していた再建計画が決まったようで、今度は160mの超高層ビルになるそうです。

西側の阪急のビルが120mなので、優にそれを超える高さになります。

心配しましたが、ビルの形は西側の阪急のビルのように真四角ではなくて、3段階になるようなので、左の図のような圧迫感はないようです。(計画概要へリンク)

2023年着工ということで、残念ですがだんだんまたお山は見えなくなっていくのでしょう。

現在10車線(片側5車線)あるフラワーロードを6車線(片側3車線)に縮小するなど、ビルだけでなく三宮がどんどん変わっていくようです。

JR三ノ宮の駅ビル、8年後の2029年完成だそうです。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

 

予防歯科ってなに?

予防歯科ってなに?    

予防歯科ってなんでしょうか?

実は私もその定義をよく知りません。

歯磨き指導でしょうか?クリーニングでしょうか?定期健診でしょうか?

一般的に概ねこれらを中心にしている歯科医療ととらえられているようです。

この「予防歯科」っていう言葉は、「治療⇔予防」「治療に対しての予防」というように、「治療」と対峙しているように見えて、私には少々違和感があるのです。

削って詰めれば虫歯は治るか?

この問いは、歯科医療の根本的な問題です。

虫歯とは、歯が溶ける病気です。

虫歯の穴を丁寧に詰めて治療すると、その歯の虫歯はなくなるので、「虫歯は治った」とされます。

しかしそれで今後歯が溶けなくなるのでしょうか?

歯が溶けた原因がなくならなければ、根本的に虫歯は治りません。

このことが虫歯の再治療が非常に多い原因です。

いくら削って詰めての治療を繰り返しても虫歯は再発します。

理屈は単純です。歯が溶ける原因がなくなっていないからです。

まさに対症療法と原因療法の違いです。

原因をなくす治療は予防?

虫歯の原因をなくす治療は、まず検査をして原因を特定させる必要があります。生活習慣を見直し、徹底してその原因を取り除いていく治療ですが、それはもはや予防とも言えそうです。

糖尿病のカロリーコントロールや、高血圧症に対する塩分のコントロールなどと似ています。

虫歯や歯周病も生活習慣病だからです。

そういう意味では、治すのは歯科医や歯科衛生士ではなく、患者さん自身ということになります。

虫歯や歯周病といった歯科疾患を治すのはあくまで患者さん自身であり、患者さんが主役であり主体でなければなりません。

いくらクリーニングしてもらっても、定期健診に通っても、原因が解決されていなければ治っていないのかもしれません。

このように治療と予防という概念は対峙するものではなく、本来ほぼ同じ意味なのではないか?と思っています。

原因療法=予防

一般的な歯科治療の概念では、

治療=対症療法

予防=歯磨き指導・クリーニング・定期健診

というようにとらえられているように思えるのです。

正直なところ「言葉」はどうでもいいのですが、病気の原因をなくすという「原因療法」がまったく抜け落ちているように思えます。

まず原因をなくすことを成功させなければなりません。その上での予防です。その上でのメンテナンスや定期健診です。

原因は生活習慣だけではない

虫歯や歯周病といった歯の病気の原因は、ほとんどの場合、生活習慣に関係していることに間違いありません。

ひとことで生活習慣といっても、歯磨きの仕方(方法・時間・回数・道具など)、食事、嗜好品(特に砂糖やタバコ)、睡眠、姿勢などが考えられます。

また逆に生活習慣だけが原因なのでもありません。

唾液の量や性質、呼吸の仕方、服用されている薬、歯並び、咬み合わせ、いままでの歯の治療痕などさまざまな問題が関係しています。

予防中心主義

私たちのクリニックでは、このように多岐にわたる原因をデンタルドックを通して整理・分析し治療計画を考えています。

歯の治療については、一時的に「対症療法」が必要な場合がありますが、本来の治療は「原因療法」であるべきです。

船曳歯科クリニックは、予防中心主義の歯科医院として、広い意味での予防に力を入れています。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

顎の位置

口があるほとんどの脊椎動物は下顎が動いて、上顎は通常頭と一体になっています。

下顎が動くときには、顎関節が動いています。

顎関節は左図のように、側頭骨という頭の骨にある凹みに、下顎の突起がはまり込む構造になっています。

下顎の突起がしっかりはまり込んでいれば顎関節は安定するのですが、はまり込むのを咬み合わせ(歯)がじゃましている場合があります。

上下の歯を咬み合わせると、上下の歯の山と谷が咬み合って顎の位置は通常一か所に固定されます。

歯は咬み合った状態なのに、顎の関節がしっかりはまり込んでいないことがあります。

上下の歯は咬み合って安定しているのに、顎関節が不安定になっているのです。

このような場合、逆に顎関節が安定する位置になると、今度は歯が咬み合わなくなります。

左の図は顎を動かす筋肉がパンパンに緊張していることを表しています。

緊張の印+がダブルの++になっています。

関節がはまり込んで安定するのを歯が(咬み合わせが)邪魔している(干渉している)のです。

顎関節は不安定な位置で保持されることになります。

そのことがくいしばりを助長したり、歯に痛みが出たり、歯が揺さぶられて歯周病が進行したり、奥歯が割れたり、筋肉が緊張して口が開きにくくなったり(顎関節症)、といろんな症状が起こる可能性があります。

ですので、普段の顎の関節の位置と歯の咬み合わせの関係を分析して評価し、より快適な状態に咬み合わせを調整しておくことはとても有効なことです。

デンタルドックでは、顎関節の位置や咀嚼筋の状態、咬み合わせの検査を丁寧に行っています。

また私たちのクリニックでは、咬み合わせの調整や再構築を得意分野として専門的におこなっています。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

お絵描きアプリでマウスピース(スプリント)

お絵描きアプリを使って描いてみました。

最初の作品?としては、こんなもんでしょう。

一般的にはマウスピースと言われているものの一種です。

Occlusal Sprint 、Stabilization Splint 、Henry Tanner Appliance などといいいます。

H.D.I.とパンキー・インスティテュートで学んだ私たちグッドスマイルネットワークの歯科医院で作成するスプリント(マウスピース)は、常に顎関節の位置(中心位)を再現し、その位置を軸に設計・作成しています。

顎は顎関節を中心にして動いているからです。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

 

 

ビリー・ホリデイ

ビリー・ホリデイ(1915~1959)はアメリカのジャズシンガーで、20世紀が生んだ最も偉大な歌手の一人とも言われています。

そのビリー・ホリデイの名前を知ったのは、私が高校生のときでした。

高校時代はいわゆる洋楽三昧で、当時はBand Aid、Live Aid、USA for Africa、Sun Cityなどミュージシャンによる反アパルトヘイトに代表される人権運動が盛んでした。

1986年のこの写真のアルバム「Rock for Amnesty」もその一つです。

このアルバムには、Peter Gabriel、Elton John、Sting、Tears For Fears、 Howard Jones、Paul McCartney、 Dire Straits、John Cougar Mellencamp、 Simple Minds、 Bryan Adamsが参加しています。

イギリスのバンド“The Police”の大ファンだったので、このアルバムに入っているStingの曲が目当てでアルバムを買いました。

Stingの歌うStrange Fruit(奇妙な果実)が、ビリー・ホリデイの代表曲だったのです。

このアルバムに収録されている他のアーティストの曲は、すでに自身のアルバムなどに収録されている曲の焼き直しである中、Stingの歌うStrange Fruitは未発表で、ほぼウッドベース1本で弾き語るそのメロディーと歌声がなんとも暗いというか、渋いというか、むちゃくちゃかっこよかったのです。

ビリーの自伝的な映画「ビリー・ホリディ物語/奇妙な果実」をこれもまた高校生のころにたまたまテレビでみたのですが、ビリー・ホリディがアメリカ国内を巡業している途中に木に吊り下げられた遺体を見てしまうというショッキングなシーンを覚えています。

“奇妙は果実”と訳されるこの曲名の意味は、リンチにあって虐殺され木に吊りさげられた黒人の死体のことだったのです。

実は最近約35年ぶりにこの映画を観たのですが、この映画でビリー・ホリデイ役を演じているのはダイアナ・ロスだったのだと改めて知りました。

またスティングは、このアルバムが発表された翌年1987年にギル・エバンス(ジャズ・オーケストラ・アレンジの巨匠)のビッグバンドをバックにStrange Fruitを披露しています。

Gil Evans Band ! このビッグバンドがまたスゴイバンドで、それぞれのミュージシャンが超有名なのです。またどこかで書きたいと思います。

ともあれ、ロック好きの私がジャズを知っていくきっかけの一つになったアルバムです。

ビリー・ホリデイの曲は何曲もクリニックのBGMに入れていますが、この曲(Strange Fruit)は、歌詞の内容からさすがに入れておりません。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

 

ラウンド・ミッドナイト

1944年に発表されたセロニアス・モンク作曲のジャズのスタンダードナンバー“ROUND MIDNIGHT”をタイトルにした1986年のジャズ映画。

35年前。音楽を担当したハービー・ハンコックは当時46歳ということになります。

当時の現役ジャズミュージシャンがたくさん出ていました。いまではジャズジャイアントといわれるような面々ばかりです。

HERBIE HANCOCK, Piano DEXTER GORDON, Tener Sax CHET BAKER, Vocal & Trumpet RON CARTER, Bass TONY WILLIAMS, Drums WEYNE SHORTER, Soprano Sax JOHN MCLAUGHLIN, Guitar BILLY HIGGINS, Drums などなど

私は高3でした。

当時はMTVブームで、円高で安くなった輸入盤レコードを買って、レンタルレコードを借りてはテープにダビングしてとロックやポップス三昧でしたが、ジャズも聞いていました。

この映画は、国際会館にあった映画館(国際松竹)でやっていたので、学校が終わってから詰襟の制服を着たまま一人で見に行ったのを覚えています。

いまでも国際会館の最上階に国際松竹の映画館がありますが、震災前の当時は地下にあったと思います。

入口で映画のノベルティとして映画のロゴ入りライターをもらいました。

「お父さんにあげてね」と言われましたが、実は自分で使ってました。(笑)

ストーリーは、 実在のミュージシャン“バド・パウエル”をモチーフにしたらしい架空のアル中ミュージシャン“デイル・ターナー”とデイルの音楽を愛しサポートする青年フランシスの友情を描いた映画でした。

ジャズの映画なので、音楽や雰囲気がむちゃくちゃかっこよかったのを覚えています。

トリビアとして…デイル・ターナー役のデクスター・ゴードンは、スラッシュメタルの先駆者的バンド「メタリカ」のドラマー“ラーズ・ウルリッヒ”の代父だそうです。

当時映画を観終わった後、サントラのLPを買ってテープにダビングしてウォークマンで聴いてました。

いまでもCDで買いなおして愛用のウォークマンに入れて聴いていますし、クリニックでもBGMとして入れています。

ROUND MIDNIGHT、名盤です。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

【本日のラバーダム】虫歯~その③~

では、今回の虫歯について検証してみましょう。

歯髄まで進行して広い範囲の激痛の原因になった今回の虫歯は、詰め物の下で進んでいました。

外から見ても穴は開いていないのでわからないです。

よく見ると詰め物がグレーがかっているので、何かおかしいと気づいたかもしれませんが、少なくとも分かりにくいです。

歯科医や歯科衛生士が見れば、詰め物の下に黒い虫歯があるのでは?と疑うレベルです。

このように詰め物の下の虫歯に自分で気が付く機会があるとすれば…

①痛くなる

②詰め物がはずれて大きな穴が開く

概ねこの2つです。

今回はまさに①だったわけです。

①や②が起こるのを待っていると今回のように歯髄が犠牲になる可能性が高くなります。

①や②を未然に防ぐ方法は2つ

自分でときどき鏡を見て少しでも異常を見つければ歯科医に相談する→セルフチェック

これは大切なことです。ときどき鏡をじっくり見て観察してみましょう。

専門家ではない一般の人は正しい診断はできないかもしれませんが、このことがきっかけでいろいろな問題が発見、解決されるかもしれません。

でも上の奥歯はなかなか見えないでしょう。

歯医者が使うデンタルミラーを使っても、明かりが少なかったり、ミラーがくもったりでなかなか見えないと思います。

定期的に歯科医院でチェックを受ける

これもまた大切なことです。自分では見えないところも見てもらえます。

歯を大切にしたいと思われるならば、絶対に必要なことです。

歯石を取ったりクリーニングすることも大切ですが、時間をかけてじっくり診てもらえる歯医者さんがおススメです。

些細なことでも相談できて親身になってくれる、信頼できるかかりつけの歯科医や歯科衛生士がいれば心丈夫です。

船曳歯科クリニックでは、口全体の健康を取り戻された後にメンテナンスをしています。

すでに10年、20年とメンテナンスに来られている方が多くおられます。

中には私の父の時代から50年以上来られている方もおられます。

ここでもう一つ重要なのは「時間軸」です。

例えば小さな虫歯があっても5年前から進行していないとわかれば、削らずに安心して経過を観ておくことができます。

5年間新たな虫歯ができなければ、おそらく来年も大丈夫だろうと予測が立ちます。

逆に5年間虫歯ができなかったのに、今回虫歯が見つかったような場合、何か生活に変化があったか?口にする嗜好品に変化があったか?もう一度虫歯の原因を見直すきっかけになります。

このようなことは、なかなかその瞬間だけでは判断できないので「時間軸」で診ることがとても参考になるのです。

歯の健康、口の健康を守るには、痛くなるのを待っているのではなく、知らず知らずのうちに進んでいる病気にできるだけ早く気付くこと。

そして「削って詰めて」だけの「臭い物に蓋をする式」ではなく、少し時間はかかっても病気の原因をなくす「予防中心主義」の治療をすすめましょう。

きっといままで悩んでいたこと、心配していたことが解決されるはずです。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020