初めての虫歯

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

小学校低学年の元気な男の子。人生初めての虫歯の治療です。

残念ながら歯が溶けてしまいました。虫歯です。

歯と歯の間からの虫歯で、手前の歯と後の歯の両方が溶けていました。

麻酔の注射もがんばってクリアし、ラバーダムもうまくできて、きれいに治療は完了しました。よくがんばりました。

一件落着。。。

ですが、ここで大事なことは “これで終わりにすること”です。一生のうちで歯が溶けるのはこれで終わりにすることです。

幸い溶けた歯は両方とも乳歯です。数年後には脱落して生え変わる歯です。抜けたら次にまっさらな永久歯がはえてきます。

歯が溶けた原因はなんだったのでしょう?

このチャンスに子ども版デンタルドックをして他の歯の状況や虫歯の原因を突き止めていきました。

彼の場合は、お母さんも予防に熱心でフロスも使っていたのに溶けてしまいました。

考えられる最大の原因は、ジュースやグミやハイチューの中に入っている砂糖です。

この問題を解決しないかぎり今度は永久歯が溶けてしまう可能性が高いです。逆に考えれば、虫歯の連鎖を食い止める絶好のチャンスです!

本人とお母さん、私(歯科医)と歯科衛生士の4者でこの問題を解決していきます。

幸い本人もお母さんも前向きに楽しんでシュガーコントロールに取り組んでいます。

“楽しんで”が大切 (笑)

本人とお母さんは歯科衛生士から歯ブラシやフロスの正しい使い方のレクチャーを受けて、家庭でもがんばって練習しています。

歯科医や歯科衛生士ができることはサポートすることで、実際に予防していくのは本人はじめ家庭の問題になります。

彼の場合、安心できる材料があります。それは彼の家庭に高い予防の意識があることです。それは来院のきっかけにも表れています。

子どもの虫歯の場合、来院のきっかけの多くは学校の歯科検診で虫歯の紙をもらってくるか、痛くなってからか、または明らかに大きな黒い穴が発見された場合なのですが、彼の場合は「食べるときにいままでよりも歯と歯の間によく詰まるようになった」「最近フロスを通すとフロスが引っかかるような気がする」ということでした。歯の健康に関心がないとこの虫歯はまだまだ発見されなかったでしょう。

このように、虫歯一つでも丁寧にその背景に目を向けて、これからの長い将来のことを考えることがとても重要です。そのことで患者さんは、虫歯は予防できることを理解され、そのために必要なことを前向きに楽しんで実行されるのです。

虫歯の治療は丁寧に削って詰めることだけではありません。削って詰めるのは虫歯治療のごく一部にすぎません。

大切なことは、主体が患者さんであることです。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

コメントは受け付けていません。