ラウンド・ミッドナイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

1944年に発表されたセロニアス・モンク作曲のジャズのスタンダードナンバー“ROUND MIDNIGHT”をタイトルにした1986年のジャズ映画。

35年前。音楽を担当したハービー・ハンコックは当時46歳ということになります。

当時の現役ジャズミュージシャンがたくさん出ていました。いまではジャズジャイアントといわれるような面々ばかりです。

HERBIE HANCOCK, Piano DEXTER GORDON, Tener Sax CHET BAKER, Vocal & Trumpet RON CARTER, Bass TONY WILLIAMS, Drums WEYNE SHORTER, Soprano Sax JOHN MCLAUGHLIN, Guitar BILLY HIGGINS, Drums などなど

私は高3でした。

当時はMTVブームで、円高で安くなった輸入盤レコードを買って、レンタルレコードを借りてはテープにダビングしてとロックやポップス三昧でしたが、ジャズも聞いていました。

この映画は、国際会館にあった映画館(国際松竹)でやっていたので、学校が終わってから詰襟の制服を着たまま一人で見に行ったのを覚えています。

いまでも国際会館の最上階に国際松竹の映画館がありますが、震災前の当時は地下にあったと思います。

入口で映画のノベルティとして映画のロゴ入りライターをもらいました。

「お父さんにあげてね」と言われましたが、実は自分で使ってました。(笑)

ストーリーは、 実在のミュージシャン“バド・パウエル”をモチーフにしたらしい架空のアル中ミュージシャン“デイル・ターナー”とデイルの音楽を愛しサポートする青年フランシスの友情を描いた映画でした。

ジャズの映画なので、音楽や雰囲気がむちゃくちゃかっこよかったのを覚えています。

トリビアとして…デイル・ターナー役のデクスター・ゴードンは、スラッシュメタルの先駆者的バンド「メタリカ」のドラマー“ラーズ・ウルリッヒ”の代父だそうです。

当時映画を観終わった後、サントラのLPを買ってテープにダビングしてウォークマンで聴いてました。

いまでもCDで買いなおして愛用のウォークマンに入れて聴いていますし、クリニックでもBGMとして入れています。

ROUND MIDNIGHT、名盤です。

神戸 三宮 各線三宮駅からフラワーロードを南へ約5分 神戸市役所東向かい
船曳歯科クリニック 078-222-8020

コメントは受け付けていません。